財務情報期末決算
平成22年3月期

期末の事業概況 (連結)

1. 連結経営成績に関する定性的情報
  経常収益は、保険引受収益が前連結会計年度に比べ117億円減少の1,444億円(うち正味収入保険料1,439億円)、資産運用収益が前連結会計年度に比べ72億円増加の221億円、その他経常収益が1億円となった結果、前連結会計年度に比べ45億円減少の1,667億円となりました。一方、経常費用は、保険引受費用が前連結会計年度に比べ134億円減少の1,310億円(うち正味支払保険金874億円)、資産運用費用が前連結会計年度に比べ30億円減少の60億円、営業費及び一般管理費が前連結会計年度に比べ3億円増加の96億円、その他経常費用が95百万円となった結果、前連結会計年度に比べ160億円減少の1,469億円となりました。
以上の結果、経常利益は前連結会計年度に比べ114億円増加の198億円となりました。経常利益に特別損失、法人税及び住民税等並びに法人税等調整額を加減した当期純利益は、前連結会計年度に比べ17億円増加の102億円となりました。
   
2. 連結財政状態に関する定性的情報
  当連結会計年度末の総資産は、前連結会計年度に比べ498億円増加し5,886億円となりました。
また、当連結会計年度末の純資産は、株式の含み益の増加によりその他有価証券評価差額金が増加したことなどから、前連結会計年度末に比べて259億円増加して、1,371億円となりました。


期末の事業概況 (単体)

1. 経営成績に関する定性的情報
  経常収益は、保険引受収益が前期に比べ79億円減少の1,207億円(うち正味収入保険料1,203億円)、資産運用収益が前期に比べ74億円増加の148億円、その他経常収益が1億円となった結果、前期に比べ4億円減少の1,358億円となりました。一方、経常費用は、保険引受費用が前期に比べ82億円減少の1,099億円(うち正味支払保険金715億円)、資産運用費用が前期に比べ16億円減少の33億円、営業費及び一般管理費が前期に比べ1億円増加の76億円、その他経常費用が87百万円となった結果、前期に比べ96億円減少の1,210億円となりました。
以上の結果、経常利益は前期に比べ92億円増加の148億円となりました。経常利益に特別損失、法人税及び住民税並びに法人税等調整額を加減した当期純利益は、前期に比べ2億円増加の67億円となりました。
   
2. 財政状態に関する定性的情報
  当期末の総資産は、前期に比べ342億円増加し4,819億円となりました。
また、当期末の純資産は、株式の含み益の増加によりその他有価証券評価差額金が増加したことなどから、前期末に比べて143億円増加して、1,157億円となりました。


連結貸借対照表/連結損益計算書
貸借対照表/損益計算書


PDFファイルをご覧になるためにはAcrobatReaderが必要です。

Copyright(c)2008 The Toa Reinsurance Company, Limited. All Rights Reserved.