CSR各ステークホルダーへの取り組み
お客さまへの取り組み

当社はお客さまとのコミュニケーション向上およびナレッジシェアを図る目的で、国内外において各種再保険セミナー、研修会を開催しています。


STEP

STEP-2016(平成28年6月)
毎年、損害保険元受各社の再保険担当者(原則として再保険実務経験が1年未満)を対象とした再保険入門コース研修会「STEP(Seminar of the Toa Elementary Program)」を開催しています。STEPは、随所に受講者参加型のケーススタディーを織り込み、再保険の基礎知識とその実務についてわかりやすく解説するもので、各社から“実際の業務に役立つ極めて有益な研修”との高い評価を得ています。


STEP LIFE

STEP LIFE-2016
毎年、国内元受生命保険会社の新契約引受査定担当者を対象とした集合型医務査定研修「STEP LIFE」を開催しています。平成28年度は8月と9月に計2回開催し、元受生命保険会社、少額短期保険会社および共済団体から多くのご参加を頂きました。
医務査定の基本や疾患の解説等の査定知識を、当社の医長や査定者から顧客に提供することは、顧客サービスとしてだけでなく、日本におけるアンダーライティング業界の発展に繋がる重要な取り組みです。今後も内容の見直しを重ねつつ、継続的に本セミナーを実施していきたいと考えています。


RST

RST-2016(平成28年9月)
RST(Reinsurance Seminar of Toa)は、アジアを中心に当社の重要顧客を日本に招き、日本の保険市場についての講義や日本の文化、当社についての紹介等を通じて相互理解を深め、顧客との関係をより親密なものとすることを目的に開催しているものです。
ノンライフのプログラムでは、日本の損害保険市場や各種保険商品・リスクの再保険に関する講義、再保険のワークショップおよび防災の体験学習を行いました。
一方、ライフのプログラムでは、当社からは日本の生命保険マーケットの概況、引受査定に関するトピックや選択緩和型商品の紹介を行い、参加者からも自社で販売する生命保険商品のプレゼンテーションをしてもらい、相互理解を深めました。
いずれも参加者からは大変有意義であったとの高い評価を得ております。


各種損害保険・再保険セミナー

バンコク開催セミナー(平成28年9月)
平成28年9月にタイの顧客を対象としたセミナーをバンコクで開催し、非割合再保険の基礎的な料率算出手法を説明しました。当社の料率算出手法を顧客と共有することで相互理解を深めることは非常に有益であり、顧客からもセミナー内容について高い評価を得ることができました。
当社は、今後もアジアの顧客向けに現地のニーズにあった各種セミナー等を開催することで、顧客との友好関係をより一層深めていくと同時に、アジア地域における再保険業界の健全な発展に寄与していくことが重要であると考えています。


各種生命保険・再保険セミナー

台湾開催セミナー(平成28年4月)
国内・海外の顧客向けサービスとして、個社の要望に応じた各種セミナーを開催しています。
平成28年度は、国内において「医務査定」、「個人賠償責任保険」などをテーマとした個社別セミナーに加え、関西地区での査定集合セミナーを開催し、顧客より高い評価を得ました。海外においては、台湾にて開催された「日本の高齢化社会におけるマーケティングおよび商品戦略」を主題としたセミナーに講師を派遣しました。
当社は、今後も各種セミナーや講演の実施を通じて、生命保険/生命再保険に関わる知見・情報を提供することにより、顧客ひいてはマーケットの発展に貢献していきたいと考えています。


共済団体・少額短期保険会社向けセミナー

再保険セミナー
当社では共済団体・少額短期保険会社等からの再保険引受を積極的に推進していますが、顧客に対するサービス向上や、新たな顧客の開拓を図るため、各種セミナーを開催しています。
具体的には、再保険や元受商品開発、法規制に関するセミナーの他、顧客の要望に応じた各種セミナーをアレンジしており、参加者からは高い評価を受けています。
今後も、顧客の事業発展の一助となるよう、このようなセミナーを積極的に開催していく予定です。





株主の皆さまへの取り組み

当社では、戦略目標・課題のひとつとして「安定的な会社運営の基盤整備」に取り組んでおり、その活動の一環として株主の皆さまとの関係維持・強化に努めています。
このための施策として、株主総会前後の株主訪問による決算説明、個別問い合わせに対する迅速な対応などIR活動を充実することにより、株主との長期的な信頼関係を構築しています。
また、当社ホームページへ有価証券報告書、半期報告書、四半期決算報告、ディスクロージャー誌等を掲載し、適時適切な情報開示を行っています。

ホームページ http://www.toare.co.jp
ホームページ
ディスクロージャー誌
ディスクロージャー誌(表紙)




社員への取り組み

当社では、社員が安心して仕事や自己啓発に打ち込むことができる制度にすることが、社員のさらなる成長に繋がると考え、社員の能力や働きをきめ細かく、公平かつ厳正に評価する人事考課制度・給与体系を用意しています。
また、社員のワーク・ライフ・バランスを考慮し、育児・介護休業制度や育児をしている社員の勤務時間短縮制度などを整備するとともに、制度を利用しやすい職場環境となるように努めています。
その他にも、福利厚生面をはじめとした各種制度を設けています。


社員価値の創造に向けた取り組み
CSRビジョンに示されているとおり、再保険サービスを提供する当社にとっては、人財こそが最大の資産です。お客さまをはじめとしたステークホルダーに提供する商品・サービスの価値を一層高めていくためには、社員一人ひとりの成長が欠かせません。
当社では、再保険の専門知識のみならず、高いプロフェッショナル意識や姿勢、また、社会や顧客のために自らの能力を提供できる人間性と責任感を兼ね備えた人財を育成することを社員価値の創造ととらえ、こうした人財を育成するために、各種制度を整備するとともに、自由闊達でチャレンジ精神溢れる企業風土の醸成に努めています。


トーアの人財育成制度
社員価値を向上させ、プロフェッショナルを育成していくため、次の人財育成制度を用意しています。

(1) 各部OJT研修
  当社において最も重要と位置づけているのは、各部で行われるOJT研修です。年初に計画されたOJTプログラムが有効に実施されるよう進捗管理を行っていくとともに、必要に応じて定期的な見直しを行っています。
(2) 階層別研修
  社員一人ひとりが組織における自分自身のポジションを理解すると同時に、階層ごとに必要と考えられる知識を身に付け、今後の職務に生かしてもらうことを主眼において、管理職研修・中堅社員研修等を実施しています。
(3) 全社共通研修
 
1. 社内研修
  当社の社員として必要とされる知識習得を目的として、各部社員による全社向けの研修等を随時実施しています。
2. 社外研修
  損害保険講座、業務スキル研修、各種海外研修等を実施しているほか、社員の自己啓発に対する支援を行っています。
(4) メンター制度
  新入社員の仕事における不安や悩みの解消を図りつつ、着実な成長を促すために「メンター制度」を導入しています。
新入社員1名に対し、先輩社員1名が「メンター」として相談役となることで、新入社員をサポートしています。


インターナルコミュニケーションの取り組み
(1) 職場環境の充実
  社員は、トーア再保険の企業理念を実践していくための原動力であり、かつ、重要なステークホルダーです。当社は、社員が能力・可能性を最大限発揮できる職場環境の提供に努めています。
また、少子高齢化や男女共同参画、障害者雇用などの社会的な課題に真摯に取り組むことで、企業としての社会的な責任を果たしていくほか、メンタルヘルスや各種ハラスメントへの対応についても、広報、研修などを通じて啓蒙を図っており、社員一人ひとりが安心して働くことができるように支援しています。
(2) 各種社内セミナー・講演会の開催
  様々な情勢変化に対する的確な対応や社員間のナレッジシェアの促進との観点から、年間を通じて各種セミナー・講演会を随時行っています。

Copyright(c)2008 The Toa Reinsurance Company, Limited. All Rights Reserved.