会社情報リスク管理の体制
リスク管理の基本方針

事業環境の大きな変化に伴い、当社が抱えるリスクはますます多様化・複雑化しています。当社では、リスク管理を経営上の最重要課題のひとつとして位置づけたうえで、リスク管理に係る方針・規程を取締役会において定め、これに基づいて適切なリスク選好と、リスクの把握、評価およびコントロールを行うことにより、健全性と収益性の向上を図っています。また、リスク管理は企業価値向上の鍵であるとの認識のもと、リスク管理態勢の高度化に継続的に取り組んでいます。


主要なリスクとその管理方法

取締役会において決定したリスク管理に係る基本方針のもと、持続的な企業価値向上プロセスであるエンタープライズ・リスク・マネジメント(以下、ERM)に関する規程および個別リスクごとの管理規程を同じく取締役会において定めています。そのうえで、リスク管理に係る重要事項に関しては、取締役会等において審議・決定するとともに、リスクの状況についてリスク管理部門から取締役会等へ定期的にまたは適宜報告することにより、取締役等が全社のリスク実態を把握できる体制を整備しています。

個別に管理すべきリスクは、再保険引受リスク、資産運用リスク、オペレーショナルリスク、海外拠点リスク、責任準備金及び支払備金の積立リスクに区分し、それぞれのリスクに対応するべく、リスク管理部門を設けています。リスク管理部門は規程・マニュアルに従って各種リスクを管理し、さらにERM委員会およびリスク管理統括部門が全社的な管理およびリスク管理態勢のさらなる高度化に向けた取り組みを行っています。

また、主要なリスクの評価・管理を定量的に行うとともに、再保険引受リスクおよび資産運用リスク等を統合したリスク量を確率論的手法により計測し、リスク量のモニターやリスク・リターンの評価を行っています。さらに、ストレステストとして、再保険会社としての経営に重大な影響をおよぼす可能性のある大規模な地震の発生や株価の大幅な下落などのシナリオに基づき、通常の予測を超えるリスクが顕在化した場合に当社が被る影響度を分析・評価し、資本十分性の検証に活用しています。


■リスク管理体制


Copyright(c)2008 The Toa Reinsurance Company, Limited. All Rights Reserved.