会社情報プロフィール
コーポレート・データ
(平成29年3月31日現在)
本社 東京都千代田区神田駿河台三丁目6番地の5
03(3253)3171(大代表)
設立 昭和15年10月15日
資本金 50億円
取締役社長 野口 知充
従業員数 324名
総資産 5,074億円
正味収入保険料 1,749億円
主な営業種目 火災保険/海上保険/傷害保険/自動車保険/
賠償責任保険/生命保険等の再保険


企業理念 / ビジョン

社会の安心を支えるトーア再保険


中期経営計画「Forward 2014」

当社グループは、平成27年4月より、中期経営計画「Re TOA RE 2017」をスタートさせました。「Re TOA RE 2017」では、めざすべき中長期ビジョンおよびグループ全体としての数値目標を明確にしたうえで、その実現・達成に向けた事業戦略の推進と経営管理基盤の強化を図っています。

■「Re TOA RE 2017」全体像

■中長期ビジョン
めざす企業像として「世界のお客さまから選ばれ、お客さまとともに発展する再保険グループ」を掲げています。これは、厳しい事業環境のなかにあっては、これまで以上にお客さまの視点にたって行動していく必要があり、また、当社グループが持続的成長を遂げていくためには、常にグループ全体の視点やグローバルの視野をもって事業展開を進めていかねばならないことを意図しています。

■グループ数値目標
健全性、収益性、成長性の観点から3年間通算でのグループ全体の目標を設定しています。これら3つの指標は互いに密接に関連していますが、「Re TOA RE 2017」においては、まずは健全性を確保したうえで安定的な収益の確保を図ることを重視し、そのうえで成長性を求めていくことをめざしています。

■基本事業戦略/経営管理基盤
基本事業戦略と経営管理基盤は、中長期ビジョンの実現とグループ数値目標の達成のための土台となるものです。このうち、基本事業戦略は、顧客/マーケティングと事業ポートフォリオを項目として掲げ、ビジョンや数値目標の達成に向けたグループ全体の戦略内容を示しています。また、経営管理基盤は、基本事業戦略を推進するための基盤(インフラ)となるものであり、ERM、ICT/Operational Process、CSRの3項目を掲げ、それぞれグループ全体で推進すべき強化内容を示しています。


シンボルマークとコーポレート・カラーのご説明

シンボルマーク 社名「トーア再保険」のイニシャル“T”を再保険(Reinsurance)の“R”のブルーのシルエット(コーポレート・カラー)と組み合わせ、親しみやすく格調の高い「トーア再保険」を表現したものです。コーポレート・カラーは、空の晴れ渡った開放感と海や水のイメージを象徴し、全世界に“社会の安心を支える”トーア再保険の信頼性、創造性、未来への発展性を表現した「トーア・コバルトブルー」です。


Copyright(c)2008 The Toa Reinsurance Company, Limited. All Rights Reserved.